免疫が低い人であれば繰り返し発症してしまうカンジタや細菌性膣炎。自然に治ることもなく我慢できない痒さに悩んでいる人も多いことでしょう。私もそのうちの一人で、ストレスや疲れでたびたび発症しては病院のお世話になっています。しかし、休日しか病院に行けないのでみんなはどうしているのか調べたところ、「ビオフェルミンを膣に入れると治る」という情報が。もちろん、そんなのはデマだ!という意見も沢山ありました。実際はどうなのか、藁をもすがる思いでビオフェルミンを購入してみたのです。


乳酸菌の薬ということで膣内に入れても問題なさそうですね(←個人的見解)。これで治ったらほんとラッキーです。病院で処方される膣錠より断然お値段が安いので。

というわけで、早速1錠挿れてみました。


ちょうどカンジタか雑菌のような痒みがあったので病院へは行かずビオフェルミン頼りです。挿入後にナプキンをつけたパンツを履いてお布団に入ります。(日中よりも就寝前に挿れたほうが動きが少なく効果が出やすいかなと思ったので)

翌日目覚めると……、あ、あれっ!?痒みがおさまってる!!どうやらビオフェルミンの効果はあったようで、少し異常を感じていた膣が正常になっていました。まぐれかもしれないと思い、その後何度も試しましたが本当に効果があるようですね。私が使っているのは痒いと思った初期段階なので、ひどくなった場合の効果はわかりません。しかし、繰り返し痒くなる人は常備薬として持っておくのは良いと思います。

 

↓クリックして頂けると励みになります(o^∀^o)
にほんブログ村 OL日記ブログへ