Pocket

新年を迎え、仕事が始まると必要になってくるのがスケジュール手帳。最近はスマホで予定を管理している人も多いようですが、会議の日程からプライベートまで手書きで書き込むほうが出来るOL感があります。今回は手帳を買った人もこれから買う予定の人にも知ってもらいたい最強の手帳をご紹介します。その手帳とは……

無印良品!

シンプルイズベストなこの手帳、とにかく使い勝手が良くて私は4~5年愛用しています。不要なものが一切無いこのデザインは年間を通して飽きがきません。それに自由にカスタマイズできることもポイントが高いのです。

表紙を開くと2016年、2017年、2018年のカレンダーが1ページで表示されています。去年のこの日は何曜日だったかな、来年は……と前後の年を振り返られるのはとても便利です。


次のページからはマンスリーのスケジュール。大安、先勝といった六曜が記載されていて、土日祝日は日付と記念日がグレーになっています。


そのあとはウィークリーのスケジュールです。左側に一週間の予定、右側は方眼紙のフリースペースになっています。私の場合は右側には会議の議事録やネタをメモして活用しています。

一番最後には全面、方眼紙のフリースペースがあります。年間を通して把握しておきたいメモや電話帳などを書くのに最適です。


この「無印良品 マンスリー・ウィークリーノート」はA5、A6、B5、B6、B7と幅広くサイズ展開をしています。私はずっとB6サイズを使っていましたが、今年は気分転換に小さ目のA6にしてみました。比較するとこんな感じです。


左がB6、右がA6です。ちなみに今年から表紙が大きく変わってしまいました。グレーの塩化ビニールから透明なカバーになってしまったのです。今までのデザインが気に入っていただけにかなり残念ではありますが、新しいデザインは表紙に好きな写真を入れてカスタマイズが出来るのでこれはこれで良いですね。それから、A6はスマホと同じくらいのサイズなので持ち運びが便利になりました。これなら小さめのバッグに入れられるのでGOODです。